北海道大学大学院医学研究院 専門医学系部門 機能再生医学分野 整形外科学教室
当教室について

当教室について

プロフィール

スタッフ一覧へ

清水 智弘

Tomohiro Shimizu, M.D./Ph.D

略歴

2007年 北海道大学医学部卒業
2007年 市立札幌病院初期臨床研修医
2009年 北海道大学病院整形外科医員
2010年 苫小牧市立病院整形外科医師
2011年 北海道せき損センター整形外科医師
2012年 北海道大学大学院医学研究科博士課程入学
2016年 北海道大学大学院医学研究科博士課程修了
2016年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校整形外科リサーチフェロー
2018年4月 北海道大学病院整形外科医員
2018年11月 北海道大学病院整形外科助教

現在に至る

 

学会活動

日本整形外科学会専門医、脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会専門医、指導医
日本骨粗鬆症学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本股関節学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
日本関節病学会
日本骨折治療学会
日本人工関節学会
日本脊椎脊髄病学会
日本骨代謝学会
日本骨形態計測学会
米国整形外科基礎学会(ORS)会員
北海道災害整形外科学会
北海道骨粗鬆症研究会
北海道大学病院指導医のための教育ワークショップ (2019)
厚労省臨床研究・治験従事者研修修了(2019)

受賞歴

松田嘉博先生学術奨励賞 (2012)
第9回音羽博次奨学基金奨学金助成 (2013)
日本骨形態計測学会若手研究者賞 (2014)
ANZBMS 2014 Travel Award (日本骨代謝学会)(2014年)
北海道骨粗鬆症学会優秀論文 (2015年)
第11回音羽博次奨学基金奨学金助成 (2015年)
ANZBMS 2015 Travel Award (日本骨代謝学会) (2015年)
北海道大学整形外科同門会学術奨励賞 (2015年)
北海道整形災害外科学会学術奨励賞 (2016年)
米国整形外科基礎学会(ORS)Force & Motion Foundation/ORS Young Scientist Travel Grant (2018)
米国整形外科基礎学会 (ORS) Traveling Fellow (2018)
日本関節病学会 学術奨励賞 (2018)
フラテ研究奨励賞 (2018)

科学研究費等受託(代表研究者)

クラーク記念財団研究助成 (北海道大学) 500,000円
(2014)
第28回中冨健康科学振興財団留学助成金 500,000円
(2016)
整形災害外科学研究助成財団研究助成金 1,000,000円
(2016)
上原記念生命科学財団海外留学助成 ポストドクタルフェローシップ 3,600,000円
(2017)
伊藤医薬学術交流財団海外交流助成 250,000 円
(2017)
日本リウマチ財団国際学会におけるリウマチ性疾患調査 研究発表に対する助成 300,000円
(2017)
文部科学省科学研究費補助金 若手研究B 4,030,000円
(2017-2019)
日本股関節財団 国内研修助成 150,000円
(2018)
日本骨粗鬆症学会 研究奨励賞 800,000円
(2018)
日本骨粗鬆症財団 リリー研究助成プログラム 800,000円
(2018)
上原記念生命科学財団 研究奨励 2,000,000円
(2018)
秋山財団研究奨励賞 500,000円
(2019)
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS) 研究奨励 1,000,000円
(2019)
日本スポーツ医学財団 研究助成 1,000,000円
(2020)

 

主要論文

Shimizu T, et al. Glenoid stress distribution in baseball players using computed tomography osteoabsorptiometry: a pilot study. Clin Orthop Relat Res. 470(6):1534-9.2012.

 

Shimizu T, et al. Vitamin K-dependent carboxylation of osteocalcin affects the efficacy of teriparatide (PTH(1-34)) for skeletal repair. Bone. 64:95-101.2014

 

Shimizu T, et al. Sialic acid-binding immunoglobulin-like lectin 15 (Siglec-15) mediates periarticular bone loss but not joint destruction in murine antigen-induced arthritis. Bone.79:65-70, 2015.

 

Shimizu T, et al. Autoimmune arthritis deteriorates bone quantity and quality of periarticular bone in a mouse model of rheumatoid arthritis. Osteoporos Int. 28(2): 709-718. 2017.

 

Shimizu T, et al. Assessment of 3-month changes in bone microstructure under anti-TNFα therapy in patients with rheumatoid arthritis using high-resolution peripheral quantitative computed tomography (HR-pQCT). Arthritis research and therapy.19(1), 222, 2017.

 

Kimura-Suda H, Shimizu T* (Equal first author), et al. Quick and Easy Sample Preparation without Resin Embedding for the Bone Quality Assessment of Fresh Calcified Bone using Fourier Transform Infrared Imaging.Plos one. 13(2), 2018

 

Asano T, Shimizu T*(Equal first author) et al. Potential association with early changes in serum calcium level after starting or switching to denosumab combined with eldecalcitol. J Bone Miner Metab. In press. 37(2):351-357, 2019

 

Shimizu T, et al. Abnormal biomechanics at six months are associated with cartilage degeneration at three years following anterior cruciate ligament reconstruction. Arthroscopy. In press. 35(2):511-520, 2019

 

Shimizu T, et al. Structural Changes Over a Short Period of Time Associated with Functional Assessments in Rheumatoid Arthritis. The Journal of Rheumatology. 46(7):676-684, 2019

 

Asano T, Shimizu T* (Equal first author), et al. A mathematical model for predicting prospective leg shortening after curved intertrochanteric varus osteotomy for osteonecrosis of the femoral head. Plos one.18; 13(12), 2018.

 

Shimizu T, et al. Increases in joint laxity after ACL reconstruction is associated with sagittal biomechanical asymmetry. Arthroscopy. 35(7):2072-2079, 2019.

 

Ishizu H,Shimizu T, et al. Bilateral subchondral insufficiency fractures of the femoral head in a normally active adolescent patient: A case report. Journal of Orthopaedic Science. 2658(19)30148-4, 2019.

 

Shimodan S, Shimizu T* et al. Ten years change in post fracture care for hip fracture patients. J Bone Miner Metab. 38(2):222-229,2020.

 

Shimizu T, et al. Patients With Abnormal Limb Kinetics at 6 Months After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction Have an Increased Risk of Persistent Medial Meniscal Abnormality at 3 Years. Orthop J Sports Med. 23;8(1):2325967119895248, 2020.

整形外科医をめざす皆様へ 研修について 北大整形外科 臨床研修医募集サイト 説明会・セミナー 大学院進学希望のみなさんへ 整形外科を志す女性医師の皆さんへ北大整形男女共同参画 整形外科を志す女性医師の皆さんへ北大整形男女共同参画 やる気のある人材募集! 北海道医師養成確保修学資金制度を利用している方へ お問い合わせフォーム